スタッフブログ・家づくりコラム

2021.06.09

165.新しいリビングのカタチとは~豊橋市・豊川市・田原市・蒲郡市で家を建てる時に役立つ新築住宅コラム~【タイコウハウス新築注文住宅コラム】

豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市で新築注文住宅をご検討中の皆さま、こんにちは。

本日は、新築注文住宅のリビングについて。
新築注文住宅のリビングは一般的に、家族皆が集まって一緒にテレビを見たり談話したりする寛ぎの空間ですが、ここ最近スマートフォンやタブレットなどを使用する方も多くなり、家族のコミュニケーションだけでなく、家族それぞれがそれぞれの新築注文住宅での時間を過ごす場所にもなっています。
そのため、以前とは少しずつ新築注文住宅のリビングの在り方が変わってきており、様々な役割を持った新築注文住宅の空間に対応する家づくりを考えるとよいかもしれません。
その一例をご紹介します。
 

 
■お子さまの勉強スペース
最近は、「子どもが勉強する場所は新築注文住宅のリビング」というご家庭が増えてきているようです。
『東大生の83%がリビングで勉強していた』というリサーチ結果もあるようで、新築注文住宅でのリビング学習は勉強へのハードルを下げたり、集中力がついたり、リラックスして勉強がはかどったりするそうです。
新築注文住宅のリビングなどの共用部分にスタディーコーナーを設けたら、親の気配を感じながら安心して新築注文住宅で勉強に取り組むことができるかもしれませんね。
 
■ご夫婦の仕事スペース
新築注文住宅に親のワークスペースも一緒にあれば、隣で仕事をしたり趣味に没頭する親の姿が励みになって、お子さまのお勉強もはかどるかもしれません。
新築注文住宅でのリモートワークにもピッタリですね。
 
いかがでしょうか。
同じ空間にいながら、同じことをしていなくても共有できる時間がある…そんな新築注文住宅のリビングも素敵です。
ぜひタイコウハウスと一緒に、ご家族の居心地のよいお家を考えていきましょう!


■□タイコウハウスのモデルハウスをぜひご覧ください□■
↓↓↓来場予約はこちらから↓↓↓




[過去の新築住宅コラムはこちら]

EVENTEVENT MODEL HOUSEMODEL HOUSE