スタッフブログ・家づくりコラム

2022.05.10

地鎮祭の後、基礎工事までの流れ

こんにちは、愛知県豊橋市のタイコウハウスです。
今回は、地鎮祭を終えてから基礎工事に着手するまでの流れをご紹介します。



家づくりの流れ(着工 ~ 基礎工事)
注文住宅のご契約後、インテリアコーディネーターとのお打合せなどを経て、地鎮祭を無事に執り行うことができたら、いよいよ着工です。
具体的には、建物を建てる位置を地縄で囲んだ後、基礎のコンクリートを打つための木枠を設置していきます。

基礎には高強度のミレニアムベースを採用
基礎は建築物の重さを支え、地盤に伝える役割を果たします。
タイコウハウスは住宅の基礎として、“ミレニアムベース”のベタ基礎を採用しています。
ミレニアムベースは、品質管理を徹底した工場で溶接された鉄筋ユニットです。
従来の基礎工事では、現場で鉄筋を加工してから配筋を行いますが、ミレニアムベースは工場で溶接されたユニットを結束させるだけで配筋工程が完了。そのため、品質のバラつきがなく、強固な基礎ができ上がります。
また、ベタ基礎の広い底盤は、建物の荷重を分散させ、均一な強度で建物を安定させてくれます。


 

「一体うち」は高度な技術です
タイコウハウスでは、基礎の底盤と立上げ部分のコンクリートを一緒に打設し、一体化された頑丈な基礎をつくっています。
この「一体うち」は非常に高度な技で、施工できる技術者が限られています。

最良の住まいづくりをチームで叶えます
豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市で注文住宅をご検討中の皆様。
タイコウハウスは家づくりのどの段階でも、専門性のあるスタッフがチームでお客様を支えます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

【5月14日(土)~5月15日(日)】
◎平屋のように暮らせる2階建ての家見学会 ~敷地の広さが足りなくて平屋を諦めていた方へ~ 【完全予約制】

 


■□タイコウハウスのモデルハウスをぜひご覧ください□■
来場予約はこちらから

◎ご相談からご契約までの流れ

◎ご契約から地鎮祭までの流れ



 
EVENTEVENT MODEL HOUSEMODEL HOUSE